表彰

柏ビレジは街づくりに関する数々の賞を受賞しています

2022年3月 ちばSDGsパートナー制度に登録

2022年3月23日、柏ビレジ自治会は「ちばSDGsパートナー制度」に正式に登録されました。(登録番号767号)

自治会としては一番乗りでの登録(2022年6月1日現在、自治会として唯一)SDGs17の目標11「住みつづけられるまちづくりを」に焦点を定め、グランドデザイン計画の実現に向けて取り組んでいます。

ちばCDGsパートナー登録証

2020年3月 「住まい活動助成」の対象団体に選定

ハウジングアンドコミュニティ財団が主催する「住まいとコミュニティづくり」の活動助成プログラムに応募し「住まい活動助成」の対象団体に選ばれました。

応募総数149件に対し、助成対象団体は地域・コミュニティ活動助成の11団体と住まい活動助成の10団体。良好な環境や景観の維持を図りつつ、住民の高齢化などに伴う新しいニーズに対応し、住み継がれる郊外住宅地としてリ・プロデュース(再生)する取り組みが助成の理由です。

ハウジングアンドコミュニティ財団ホームページ

2019年11月 柏市市制施行65周年記念 市政功労者賞を受賞

市制施行65周年、柏ビレジのこれまでの取り組みが市政の発展に貢献したとし11月16日アミュゼ柏において、市政功労者(自治功労)の表彰を受けました。

自治功労部門は211名2団体が受賞、全体として市民活動功労、保険・福祉功労、経済功労など6部門491名26団体が表彰されました。町会・自治会としては唯一の受賞です。

表彰理由は、2019年住まいのまちなみコンクールにおいて最優秀賞国土交通大臣賞を受賞し、全国の中で柏市の街が評価され、柏の名誉と街の価値PRに大いに貢献したことによるものです。

2019年1月 「第14回 住まいのまちなみコンクール」にて「国土交通大臣賞」

(財)住宅生産振興財団主催、第14回未来まちづくりコンクールに応募し、全国14団体の中から最高賞の国土交通大臣賞を受賞しました。受賞理由は、建築家・宮脇檀が計画した美しい街並みを住民が育むとともに、年月を経たニュータウンの様々な課題に前向きに取り組んでいることによるものです。

第14回住まいのまちなみコンクール発表会_柏ビレジの概要説明

↑こちらをクリックしてください。柏ビレジの魅力が満載です。

2011年2月 第6回柏市都市景観賞受賞

柏市都市景観賞は市民の意識を高め、より快適で魅力ある都市づくりを進めるため寄与が認められる建築物や自然景観などを表彰し財産として引き継ぐ目的で制定されています。

2011年2月22日、柏市役所にて押田自治会長に表彰状と記念品が授与されました。

アイビーと赤煉瓦で統一された緑豊かな街は、緑地協定代表委員会・建築協定運営委員会、共視聴施設管理組合など、これまでの自治会活動の結実であり、表彰は住民全員の誇りと言えるでしょう。

1981年10月 第1回緑の都市賞(佳作)